不安のない人生を過ごせる!4つの大きな出費に備えよう!

【2019年6月20日:リライトしました!】

この記事では、人生で必要となる4つの大きな出費についてご紹介します。将来必要となるお金を知ることが、何をすべきかに繋がります。

この記事を読むと
4つの大きな出費の種類・金額とそのために必要な行動がわかる

1. 結婚

最初の大きな出費は「①挙式」「②新婚旅行」「③新生活準備」です。

それぞれの相場はだいたい以下の通りです。

①挙式:300万

ゲストの人数や演出、両親からの援助によって変化します。二次会は会費でまかなう場合が多いようです。

出典:結婚式の費用!見積もり、相場からお金の節約ポイントまとめ | みんなのウェディングニュース

②新婚旅行:20万〜100万 

二人で国内なら20〜30万程度。欧州なら100万程度。

出典:ハネムーンの予算は?新婚旅行の費用と相場 | 結婚準備マニュアル

③新生活準備:50万〜100万 

地域によって変わりますが、結構しますね。

出典:新婚生活に必要な費用 [結婚のお金] All About

 ①〜③の合計:370万〜500万 

もし仮に、結婚式の費用の半分を親が支援してくれたとしても、220万〜350万必要です。結構大きいですね。

2. 出産&子育て

さあ、次の出費は出産からの子育てです。

lakku
出産に関しては、健康保険に加入していてば、出産育児一時金が42万支給されるので数万の出費で収まります。

なので子育てについて考えましょう。

子育てで一番費用が掛かるのはなんといっても学費です。

幼稚園(保育園)から大学まで通う場合の概算金額は以下の通り。

④幼稚園〜大学:2600万〜3200万 

公立か私立かによって変動しますが、かなり高額の費用が必要です。

出典:【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト

3. 親の介護費用

急に、自分やパートナーの両親の介護が必要になる場合がくるかもしれません。

費用は要介護度や状態によって大きく変動するのでここでは、平均的な費用で考えます。

⑤介護費用:550万 

あくまで平均的な費用です。ご参考までに。

出典:介護にはどれくらいの年数・費用がかかる?|公益財団法人 生命保険文化センター

親1人に対してこれぐらい掛かるので、夫婦それぞれの両親で考えると2200万掛かる場合もあるかもしれません。もちろん、親の年金で賄える部分もあると思います。

4. 親の葬式代

葬式は、家族葬と一般葬の2種類あります。

  • 家族葬・・・家族や親しい人だけで行う小規模の葬式
  • 一般葬・・・家族から友人・知人など幅広く行う一般的な葬式

⑥葬式代:200万(一般葬) 

家族葬の場合50万程度でできるようです。

出典:葬儀にかかる費用はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

両親4人分で200万〜800万の費用がかかります。

5. まとめ

まとめ
①〜⑥の合計で5370万〜6700万 必要になります。

概算なのであくまで参考値です。ただ、かなりの費用が掛かることがわかると思います。

もちろん、親の年金や資産で賄える部分もあるかもしれませんが、準備しておくことに越したことはありません。

また、これにプラスして

  • 家を購入する費用
  • 自分たち自身の老後資金

などあります。笑

この機会にやばいなーと思うだけでなく、お金について勉強してみるなど行動してみてはいかがでしょうか。

お金の不安を払拭するために何か行動をしようと思うかたは、まずはこちらの記事を読むことをおすすめします。どんな順番で行動をしたらいいかをご紹介しています。

【超重要】お金を効率的に増やせる人になれる!1番最初に知っておくべき《お金を増やす流れ》

2018年1月3日

他にも、無料でお金の勉強ができるファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」が初心者にはおすすめです。

お金に関する基本的なことはこの講座で学べます。もっと知りたい方は、有料で株式投資不動産投資など分野別で講座があるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です