探せ1番セクシーな形!必殺セクシーボリンジャー投資法

私がメインで使っている株式投資法をご紹介します。

その名も【セクシーボリンジャー投資】です。 



1. どんな株がセクシーなの??

結論から言うと、【ボン・キュ・ボン】なチャートをした株です!笑

これだけ聞いてもよく分からないと思うので、このチャートを見てください。

f:id:kei0440:20190103143256p:plain

出典:MARKETSPEED for Mac – 楽天証券のトレーディングツール

これは、日足チャートにボリンジャーバンドと呼ばれる線を重ねたものです。

ボリンジャーバンドとは学生の時のテストの偏差値を同じです。確率を投資に当てはめた投資手法です。

ボリンジャーバンドを拡大するとこんな感じ。

f:id:kei0440:20190103144801p:plain

 中心の線が平均値。そこから離れるごとに±1σ、±2σ、±3σと計7本の線が描かれています。 詳しいことは、次章で説明します。

このボリンジャーバンドの形に注目してください。

広がったり、狭まったりしてますよね!(最初のチャートでボン・キュッ・ボンと書いてあるとこです。)

ボリンジャーバンドが広がっているところから、キュッと狭まり、その後広がりながら株価が上昇していることがわかります。

 探すのは、【ボン・キュッ・】となっていて、【ボン】する直前のものです。

くびれは長く・細い方がよく、【ボン】する直前とは、株価が2σを超えたタイミングです。

つまりここ。

f:id:kei0440:20190103150429p:plain

こんなチャートをした株を探し、このタイミングで購入するのが、セクシーボリンジャー投資です。  

POINT 

◎【ボン・キュッ】となっている株を探す

◎【ボン】する直前の印である、株価が+2σを超えたタイミングで買う

※くびれは長く細い方が良い

2. セクシーな株が値上がりしやすい理由

なぜ、セクシーなチャート(ボン・キュッ・ボン)は株価が上がるかについて説明します。 

まず、ボリンジャーバンドに描かれている線は、標準偏差(下記図)を横に倒したものです。

f:id:kei0440:20190103144723p:plain

出典:FX チャート術|成果を挙げるために必要なチャート分析|第2回 ボリンジャーバンド・MACD|外為オンライン

これより、95%の確率で±2σの中に収まるので、+2σを超えるということは、かなりインパクトのある出来事・ニュースが起こり、それに株価が反応していると考えることができます。

つまり、情報が出て、株価が動き出した最初を捉えることができるので、比較的早期に株価が上昇し、利益を得ることができるのです。

この手法の最もいい点は、自分で情報を集めなくても、株価の動きで判断できる点です。サラリーマン投資家ではプロの機関投資家とは情報差はかなりのものであり、情報の速さでは確実に負けます。この大前提は何かしら投資するなら必ず知っておくべき事実です。

以前、記事にしているので是非一読下さい。

www.island-log.com

3. 売り方は2段階で!出来高もチェックしよう!

買う前には、必ず売る基準も決めましょう。

私は、+2σ越えで購入し、1σを下回ったら半分売り、中心線を下回ったら残り半分を売るルールとしています。

また、買うときには、くびれている部分で出来高が少なく、+2σ超えるあたりで出来高が上昇しているかも併せて確認します。

これは、放置さえていた株が、注目されるようになると株価が上昇しやすいからです。

つまりこんな感じ。

f:id:kei0440:20180904104234p:plain

①のくびれ部では出来高は少なく、+2σ越えたあたりで②のように出来高が上昇。このタイミングで株を購入。そして、1σ下回ったところで半分売却し、中心線下回ったところで、残り半分は売却しています。

半分ずつ売却するのは、急な下落による損失を避けることにもなりますし、一度下がっても、そこから上昇するならその利益も狙えるからです。

売買ルール 

◎くびれ部では出来高が少なく、2σ超えで出来高が上昇しているか確認

◎1σ割れで半分売却、中心線割れで残り半分を売却

4. まとめ 

最後にポイントをまとめおきます。 

まとめ 

◎【ボン・キュッ】となっている株を探す

◎【ボン】する直前の印である、株価が+2σを超えたタイミングで買う

※くびれは長く細い方が良い

◎くびれ部では出来高が少なく、2σ超えで出来高が上昇しているか確認

◎1σ割れで半分売却、中心線割れで残り半分を売却 

最後にこの投資手法は、この本を参考にしています。

更に詳しく知りたい方は一度読んでみることをおすすめします。

↓おすすめです。 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です