最短距離で仕事が進む!先手の行動で”セルフ働き方改革”

この記事は、仕事の効率を上げるために意識すべき先手の行動の大切さをご紹介します。実際に試したらわかりますが、期限に追われることが減るので、精神的にも楽に業務をすすめれます。

おすすめする行動 

 

次に必要になるものを先手で終わらせよう

〜メリット〜 

 

①無駄な作業が減る

②先を見ているので、交渉に強くなく(正論がすぐに言えるようになる)

〜デメリット〜 

 

①一番最初は、今の仕事をやりつつ先の仕事をやらないといけないので負担が大きい(流れが出来たら楽になっていく)

ここまで読んで、詳細が気になる方は是非本文も読んでみてください。



1.きっかけは先輩社員の働き方

きっかけは同じ部署の仕事の早い、先輩社員の働き方を目の当たりにしたことです。普段から業務量が多く、ほぼすべての人が残業をしているのにも関わらず、その先輩はほぼ提示で帰宅し、仕事も他の人以上にこなしていました。

その理由を聞いてみると、「次に何が必要になるか普段から考えて、先に先に対応しているので、無駄な作業に時間が取られることがない」とのこと。

確かに、行き当たりばったりで作業すると無駄作業増えますよね。また業務負荷が高くなりすぎると、それだけで業務効率も下がります。

それを避けるために、日々先のことを想像しながら業務をすすめることが大切と学びました。 

2.効率UP&メンタル面も楽になる

 実際に試してみた結果、普段なら糞詰まり状態の仕事がスムーズに流れるようになりました。また、それに合わせて常に締切に終われるのではないので、精神的な負担も下がり【自分で出来る働き方改革】として有効だと思います。 

ただ、一番最初は、今やっている業務をこなしつつ、先のことも考える必要があるので、一時期は負担が増えるので、無理のない範囲でチャレンジしてみましょう。

3.まとめ

まとめ

次に必要になるものを先手で終わらせよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です