【2019年目標】高配当株投資で将来の不老所得を確保!今月からさっそく始めます

f:id:kei0440:20190519170953j:plain

 

この記事は、高配当株への投資による配当収入を得るために、どのように考えて始めたかをご紹介する記事です。

2019年の目標で毎月5万円の給与外収入を目標としており、そのために検討しました。

www.island-log.com

おすすめする行動

自分の目標から投資スタイルを決め、海外ETFの積立を始めよう

〜メリット〜

①自動積立なので、自分の手間がかからず株式投資ができる

②自分で銘柄選びをする必要がない

③毎月の収入を増やしたいのか、資産を増やしたいかで2種類選べる

〜デメリット〜

①一番最初にどのETFにするか検討は必要

②投資なので、もちろんリスクはある(投資をしなくてもリスクはある)

ここまで読んで、詳細が気になる方は是非本文も読んでみてください。

 

1.一番最初に自分の目標を試算しよう!

最初に考えるべきは、自分が何を目標として行動しているかです。

私の目標は下記の通り。

目標

毎月5万円の給与外収入が2019年の目標

毎月20万円の給与外収入が5年以内の目標

毎月20万は、最低限生活に必要な資金と考えており、これを達成したら経済的自由に達したと判断できます。(仕事をやめるかは別です。)

そして、目標を達成するためのざっくりと試算することはとても大切です。

どれぐらいの期間・どれぐらいの資金で、どのように投資したら達成できるかをイメージするためです。

私の場合、

毎月25万を配当利回り4%のETFに投資する場合 ⇒ 12年必要

f:id:kei0440:20190519162312p:plain

目標5年に対して12年と全く届かないので、一番最初にある程度の資金(400万円ほど)を購入にあてるとすると、

初期400万+毎月25万を配当利回り4%のETFに投資する場合 ⇒ 10〜11年必要

f:id:kei0440:20190519162420p:plain

それでも、まだまだ遠いですね。

次は、毎月の購入額が増えていった場合、

初期400万+毎月25〜40万を配当利回り4%のETFに投資する場合 ⇒ 9年必要

f:id:kei0440:20190519163048p:plain

次は、配当利回りがいい時期に買えたと仮定すると、

初期400万+毎月25〜40万を配当利回り5%のETFに投資する場合 ⇒ 7年必要

f:id:kei0440:20190519163134p:plain

初期400万+毎月25〜40万を配当利回り5%のETFに投資する場合 ⇒ 6年必要

f:id:kei0440:20190519163148p:plain

となり、ほぼ目標である5年に近づきました。(達成ではないですが。。笑)

実際に、このように試算してみると実感しますが、かなり厳しい目標であることがわかります。

また、5年という短期間で目標達成するためには、配当利回りを高めることと購入資金の増加の2つとも取り組まないと達成は不可能であることがわかります。

以上より当面の行動方針はこんな感じです。

今後の方針

◎毎月25万円分の高配当ETFを買う

◎400万を目処に、利回りが高くなったタイミングで追加購入する

2.選べる2種類の選択 〜毎月の収入増やすor資産を増やす〜

実際に購入するのは、海外ETFです。

詳しい購入の仕方は以前の記事でご紹介しています。

www.island-log.com

海外ETFには、主に2種類あります。

  1. 企業の成長による株価上昇で資産を増やすもの
  2. 企業の配当により毎月の収入を増やすもの

 1つ目は、単純に株価の上昇で儲けることに適したETFです。ただ、株を売らない限り、毎月の収入は増えません。資産としては増えることになります。

具体的にはVTIやVOOといった、アメリカ全体やS&P500と呼ばれる主要企業全体に投資することで、企業の成長に合わせ利益を得ます。

2つ目は、配当収入によって、毎月の収入を増やすのに適したETFです。こちらが今回始めようとしているものです。

具体的には、VYM、HDV、SPYDといったものが有名です。ある程度老舗の企業が多く、成長というよりは、安定して利益を出しつつ、配当も安定してい確保できている企業が多いです。

まずは、平均配当利回りが4%程度と高いSPYDを積立投資していきます。

3.まとめ

おすすめする行動

自分の目標から投資スタイルを決め、海外ETFの積立を始めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です