ふるさと納税を最大限活用できる!急げ!6月までがラストチャンス

f:id:kei0440:20190527232055j:plain

この記事は、6月から新制度となるふるさと納税に関する記事です。新制度で適応除外となる市町村が駆け込みボーナスを実施しているので、要チェックです。

今日の一歩

5月中に気になる市町村へふるさと納税しよう!

〜メリット〜

①住民税を払うことで、還元率40%もの返戻品がもらえる

〜デメリット〜

①特になし。(今しかできない!)

ここまで読んで、詳細が気になる方は、是非本文も読んでください。

 

1.今さら聞けないふるさと納税の仕組み 〜ざっくり解説〜

みなさん毎年、所得税・住民税を支払っていますよね。

全く同じお金を支払うのに、返戻金という形で、特産品がもらえる制度です。

イメージは下記の通り。

f:id:kei0440:20190527224620j:plain

年収500万の独身の場合、年間6万円まで控除できます。

  • 何もしない場合、6万円のまま税金として徴収される ⇒ 6万のまま!
  • ふるさと納税する場合、手数料2000円は取られるが、返礼品が1.8万円分もらえる⇒ 6万+2000円-1.8万=4.4万

このように、収める税金は変わらないが、返礼品の有無で実質的な負担額は1.6万円も変わります。

こんなお得な制度活用しないほうがもったいないですね。

ただ、6月1日から新制度となり、返礼品の割合が30%以下、返礼品は地場産品など、細かい規制が増えます。

つまり、規制が厳しくなり、ふるさと納税のお得感が少し減ります。

なので5月末の今が、ふるさと納税で、返礼品割合40%などを受け取ることができるラストチャンスなのです。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|トピックス|ふるさと納税に係る指定制度について

2.バーゲン中の激アツ市町村「大阪府泉佐野市」

新制度で総務省からふるさと納税の継続許可が降りなかった、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町のうち、大阪府泉佐野市が最後のバーゲンセールをしています。

furusato-izumisano.jp

6月からふるさと納税ができなくなるので、最後の最後にお金を集めようとしています。返礼品割合が40%とかなので、

例えば6万円分寄付すると、amazonギフト券2万7千円分+返礼品

と、びっくりするほどお金が返って来ます。

新制度になる前の最後のチャンス!気になる市町村を探し、ふるさと納税してみてはいかがでしょうか。 

3.まとめ

今日の一歩

5月中に気になる市町村へふるさと納税しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です