最低限の知っておきたい保険の基本!高額療養費制度で毎月の医療費は抑えれる

保険加入前にしっておきたい、保険の基礎知識に関する記事です。

結論

高額療養費制度を活用すると毎月の医療費は西田8万円程度で収まる

1. 入院しても医療費は毎月最大8万円ぐらいしかかからない

国の制度で【高額療養費制度】というものがあります。

これは、毎月の支払った医療費のうち、年収から決まる最大金額を超えた分はお金が戻ってくる制度です。

つまり、怪我・病気で入院して何十万円もの医療費がかかったとしても、実際に支払うお金は数万で済むという画期的な制度です。支払い上限の目安は

・年収が約370万〜約770万の人なら最大金額は約8万

・年収が約770万〜約1160万の人なら最大金額は約17万

ぐらいです。

注意点としては、

・保険適用される診療に対して有効。入院時の食費や先進医療にかかる費用は対象外です。

・事後申請となるので一旦建て替えることが必要

詳細は厚生労働省のHPを見てみてください。

2. 医療保険の保障額は最低限でいい

一番言いたいことはこれです。

医療費の上限は決まっているので、医療保険はほとんど不要ということです。

毎月数万でも負担は大きいと思うかもしれませんが、それまでにずっと支払っている保険料を考えたら、大したことないですよね。

医療保険はわざわざ、保険会社に手数料を取られて、貯金しているようなものですからね。保険の営業は、この制度のことを言わないことが多いので、自分でしっかり理解し、判断することが大切です。

・長期入院したらお金が足りなくなるのでは?

・障害を負って働けなくなったらどうしよう?

と考えるなら、働けなくても稼げるように資産運用を早めから行うのも手ですし、収入保障保険に加入するのもありかなと思います。

3. まとめ

まとめ

高額療養費制度を理解し、医療保険は最低限に!(寧ろ不要)

知らないだけで、活用できる国の制度はたくさんあります。

今のうちに理解し、無駄にお金を払わないように対策しておきましょう。


その他、保険に関する記事はこちらにまとめてあります。

【保存版】保険の見直し記事まとめ

2017年8月23日

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です